ヘルスコートを使用した部材、健康住宅、注文住宅からリフォーム、活水器の販売まで安藤建設(岐阜県土岐市)

エアサイクルの家

思いやりとこだわりの健康住宅

太陽と風を利用した健康住宅
日本の昔の家づくりには夏を中心に考えた暮らしの工夫がありました。
日本の気候は亜寒帯気候から亜熱帯気候と、さまざまな気候風土があり、気温、湿度、日照、降水、降雪、風といった気候要素も地方により異なったものとなっています。
このような自然環境の中で古くから生活が営まれ、その経験が、言いかえれば「生活の知恵」から日本古来の伝統的な住宅が生まれ、家づくりの手法が確立され、それぞれの地方にあった地域の大工さんによって建設されて来ました。
「エアサイクル」
冬は太陽熱や地熱で暖められた空気がまわり、建物から冷たさ・温度差・湿気を排除。 夏は風や大地の涼気を取り入れて、建物の熱気を冷ます。
快適、健康、省エネルギー、高耐久性…自然の法則を利用して、住まいの理想をかなえた経済的なパッシブソーラー住宅、それが「エアサイクルの家」です。

「エアサイクル」の秘密!

エアサイクルシステム

木造住宅の壁と屋根にエアサイクルボードを張り込むと床下と小屋裏をつなぐエアサイクル層ができます。
冬は暖かい空気、夏は涼しい空気が絶えず流れているので、冬の冷たさ、夏の熱気、湿気が緩和され、さまざまな効果をうみます。

南側の日射用エアサイクルボードは熱を集めます。 北川は日日射用エアサイクルボードで壁の断熱西性能を高めます。

床下には栗石かコンクリート敷込みにより蓄断熱となります。
空気の循環をうながすエアサイクルボード
エアサイクルボードを貼りこむと、エアサイクル層が出来上がります。
冬の暖かさが欲しい季節は小屋裏と床下の換気口江エアサイクラーを閉じて空気層を密閉します。
すると太陽熱や地熱などで暖められた空気が、日射面の壁〜小屋裏〜非日射面の壁〜床下へ循環します。
涼しさが欲しい季節の夏にはエアサイクラーを開放して風や大地の涼しさを空気層に採りいれます。
エアサイクルボード

4大特長

快適生活
冬は暖かな空気が家の中をまわり、夏は風や涼気をまわして、建物の熱をさまします。 更に、まわる空気によって室内の湿気を減らし、各室内の温度を一定にし、一年を通して快適な住まいを実現しています。
健康住宅
エアサイクルの「まわる空気」によって住まいをダニやカビの発生しない清潔な環境に保ちます。 また、家の中の温度差をなくすことにより、高齢者の方にも配慮した家族みんなが健康に暮らせる住まいです。
長寿命住宅
湿度が高く、梅雨・台風など大量の雨に見舞われる日本の家屋はどうしても室内結露により、カビや腐朽菌による柱や土台の腐食が起こってしまいます。 「エアサイクルの家」は、たえず空気が流れ、木部に動く空気が触れているので、結露がおこりにくく、湿気で木材を腐らせることなく、建物を長持ちさせます。
省エネ住宅
冬は太陽熱や地熱を利用して暖気をまわし、夏は風を通して涼を採る「エアサイクルの家」は機械を使用するソーラー住宅とは異なり換気口(エアサイクラー)の開閉(夏/開け・冬/閉じる)で自然の法則に従って空気を循環させる為、電気代や呼称で発生する維持費をかけず、逆に冷暖房費を節約する省エネ住宅です。

施工実績

エアサイクルの家 注文住宅1
エアサイクルの家 注文住宅2
エアサイクルの家 注文住宅1
エアサイクルの家 注文住宅2
エアサイクルの家 注文住宅3
エアサイクルの家 注文住宅4
エアサイクルの家 注文住宅3
エアサイクルの家 注文住宅4

こんな暮らしはいかがですか?

エアサイクルの家 室内内装
写真左:無垢の木が室内の縦横を走り、 内壁材には漆喰や京壁、和紙を使用するほか、床下に備長炭を置くなどして、室内環境の快適化と家族の健康に配慮した空間を実現しています。
写真下:写真中央に見えるヒノキの大黒柱(7寸角)を中心に、無垢の木で躯体をつくる堅牢な構造は、住まいの耐久性だけでなく、住む人に安心を与えてくれますね。
エアサイクルの家 室内内装2
写真右:I型の対面式キッチンは、床にタイルを敷くなど、他の空間とは異なる仕上げがなされています。
写真下:中2階には和室を配置。障子が陽射しをほどよく遮り、柔らかな間接光が室内を明るくします。
自然素材の壁に美しい陰影を演出する障子に囲まれた、家族が横になってくつろげる空間です。
エアサイクルの家 室内内装3
エアサイクルの家 室内内装4
本社所在地
509-5102 岐阜県土岐市泉町定林寺52-1 
お電話
平日の場合 0572-55-8255
(本社 9:00〜17:00)
メール
info@andokensetsu.com